MENU

ちょっとした手間をかけることでシャンプーが上手になる

シャンプー

いきなり頭に湯をかけて洗おうとするのではなく、まず髪の毛をブラッシングしておくと、髪の毛が上手くばらけてシャンプーを泡立てやすくなります。

 

余計なホコリが毛穴に入り込む事も防げますし、泡が毛穴まで行き届きやすくなるからこそ、まずはブラッシングをする事が重要だと考えてください。

 

ブラッシングをやりすぎると髪の毛が傷んでしまいますから、髪の毛をばらけさせる程度にブラッシングを行うようにしましょう。

 

そして頭部にお湯をかける際には、38度や39度などの熱すぎない温度のお湯を使ったほうが、髪の毛にダメージを与えにくいです。

 

高い温度で毛穴を温めた方が、汚れがスムーズに落ちやすくなると考える人もいますが、実際には38度程度のお湯でも十分に毛穴は広げられます。

 

頭皮にシャンプーを押し当ててから頭皮を泡立てようとするのは厳禁で、強い洗浄力が毛穴にダイレクトに届いてしまう可能性があります。

 

まずは手元で丁寧にシャンプーを泡立ててから、毛穴まで泡を届けるように洗っておく事が、毛穴を綺麗にするために重要な点です。

 

力強く毛穴を指で動かすように洗っていると、泡が毛穴にスムーズに入り込まなくなるので注意してください。

 

指先だけで皮膚を優しく撫でるように洗っていると、細かい泡が毛穴に入り込んでくれて、深い位置にある汚れまで掃き出す事ができます。

 

洗浄効果が残ってくれそうだと考えて、泡を少しばかり残すようにシャンプーを終える事も厳禁です。

 

皮膚の湿度を保つために必要な皮脂まで落ちてしまうので、しっかりと泡を洗い落としてから、頭皮も丁寧に乾かすようにしてください。
頭部に残った水気を放置していると、皮膚に残った水分まで一緒に蒸発をしてしまいます。