MENU

AGAの治療薬として使用されているミノキシジル

ミノキシジルは育毛剤の中に含まれている成分で、AGAの治療薬として使用されています。

 

ミノキシジルはもともとは高血圧の治療薬です。そのため血流を良くする働きがあり、その働きを応用し、AGA治療薬となっています。

 

ミノキシジルには頭皮に塗布する外用薬とタブレット状の内服薬があります。

 

一般的に市販されているのが、頭皮に塗布する育毛剤で、薬剤師のいるドラッグストアでは濃度の高いものも購入することができます。

 

濃度が高いほど、含まれている成分も多いということですので、育毛効果を期待することができます。

 

ミノキシジルは、血液の流れを良くし、毛根まで栄養を行きわたらせることができます。栄養が行きわたるので、発毛を促すことができ、髪の毛を健やかにする力もあります。

 

副作用としては、低血圧、うつ、頭痛といったことがありますが、副作用を感じることは少なく、頻度も低いです。

 

ただ、頭皮に塗布タイプの外用薬の場合、頭皮に炎症があったり、湿疹があったりすると悪化してしまうことがあります。

 

ミノキシジルを使用する場合は、頭皮の様子をじっくりと確認するようにしましょう。

 

また、発毛効果を引き出すには最低でも3か月使用する必要があります。継続して使用することが大切となっています。