MENU

ミノキシジルやフィナステリドといった育毛成分が配合されている医薬品の女性用育毛剤は避けましょう

女性用育毛剤

女性の薄毛は男性とはメカニズムが異なる為、育毛剤でケアをする場合には女性向けに製造されたものを使うことが必要不可欠となります。

 

近年では、女性の薄毛対策で安心して使える女性用育毛剤も増えてきていますが、妊娠中や授乳中は特に慎重に製品を選ぶことが大切です。

 

女性用育毛剤には大きく分けて医薬部外品と医薬品がありますが、ドラッグストアなどで購入ができる医薬部外品のものに関しては、ほとんどの場合問題なく使用することができます。

 

よって、一部の妊娠、授乳中の使用を禁ずる旨の記載がある女性用育毛剤さえ避ければ、基本的に胎児に対する悪影響を心配する必要はありません。

 

しかし、ミノキシジルやフィナステリドといった育毛成分が配合されている医薬品の女性用育毛剤に関しては、絶対に使用を避けることが重要となります。

 

薄毛の原因となるホルモンを抑制し、男性型脱毛症AGAの改善に極めて効果的なこれらの成分ですが、女性が使用すると胎児に重大な悪影響を及ぼしてしまう危険があります

 

これらが配合された育毛剤には内服タイプのものもありますが、皮膚からの吸収でも副作用が現れてしまう可能性があるので、飲むのはもちろん触れることも絶対に避けるようにしましょう。

 

また、医薬部外品の女性用育毛剤を使う場合にも、妊娠中や授乳中は普段よりも慎重に製品を選ぶことが大切です。

 

身体がデリケートな状態になっている時期だけに、普段は問題が無い成分であっても、身体に影響が及んでしまうケースも考えられます。
特に添加物、化学物質が含まれた女性用育毛剤は母体、胎児へのリスクとなってしまう可能性があるので、天然由来の成分で作られた無添加のものを選ぶようにしましょう。